調査業務

超音波板厚測定

超音波の性質を利用して部材の厚さを調査します。

 

圧縮強度測定(反発度法)

リバウンドハンマーを使用し、コンクリートに打撃を加え、はね返ってきた衝撃の強さを測定することでコンクリートの圧縮強度を調査します。

 

配筋探査(レーダー法)

電磁波をコンクリート表面に向けて放射し、鉄筋の配筋状態・かぶり厚などを調査します。

 

中性化深さ測定(ドリル法)

鉄筋コンクリート構造物の品質を評価するための調査です。
ドリルにより削孔、落下した削孔粉をフェノールフタレイン溶液をしみ込ませたろ紙に受け紅色に変色したとき、直ちに削孔を停止し、孔の深さを測定します。

  • 高所作業車による点検状況